RSS1
PC広告⑦

今回は2016年よりゲームセンターで稼働した「機動戦士ガンダム エクストリームバーサスマキシブーストON(マキブON)」の家庭用移植のオンライン先行体験会について記載致します。
2020年6月よりPlayStation4のオンラインで無料でアプリケーションをダウンロードする事が出来、毎週土曜日正午から日曜の正午まで無料でオンライン対戦とブランチバトル(アーケードモード)をプレイ可能です。
今回のオンライン先行体験会ではアーケード版で使用可能であった機体と家庭用で新たに追加された機体を含め185機体(製品版購入特典の「ガンダム・バルバトスルプスレクス」については使用不可)が使う事が出来、時間さえあれば全ての機体を遊ぶことが出来ます。

マキブONのおすすめポイント

現状の体験会ではマキシブーストONで使えた機体が問題なく使えたという点は大きな点となります。
続編の「エクストリームバーサス2」で削除されてしまった機体が何体か存在しており、それらがいつでも使用出来るのは良い点です。(「パーフェクトガンダム」など)
体験会はPlayStationNetworkのアカウントとPlayStation4本体を所持していれば、すぐにオンラインに繋いで遊べるし、発売日までの土日にプレイが可能です。これによりVSシリーズに興味はあるけど買うか悩んでいる人にもおすすめができます。

オンラインまわりも体験会をプレイした時点では快適に遊べ、プレイヤーマッチの部屋も最大18人まで入る事が出来ます。ちょっとした対戦会も簡単に出来るので友達と外部の通話ツール(Skype、Discordなど)を利用してワイワイ騒ぎながらガチでもエンジョイでも楽しむことができます。

友達と二人でチームを組んでプレイヤーマッチを作って固定で対戦する時の練習をしたり、機体選択をオールランダムにしてあらゆる機体を試してみたりと、体験会の時点でかなり遊べる点があります。
あくまで「オンライン先行体験」なので、一人で機体の練習をする所謂「トレーニングモード」が無いのがやや残念ですが、オンライン対戦のプレイヤーマッチで「プライベートスロット」を使うことで疑似的にトレーニングも可能になっています。

マキブONの残念ポイント

体験版ゆえ仕方ありませんが、ランクマッチや家庭用モード「マキシブーストミッション」が遊べません。
操作についてはVSシリーズがかなり長い事もあり、一部機体の操作方法が極めて難解な事があり、慣れるまで厳しいものがあります(例をあげるとトールギスⅢ、ガンダムヘビーアームズ改など)機体が185機体もいることもあり、機体間の相性の差が酷いこともあります。とはいえ2on2の対戦なので仲間と力を合わせる事である程度の突破は可能です。

ゲームセンターや前作もですが、プレイヤーのマナーもかなり問題視されていたため、今作でも同様のケースが起きることが予想されますので、ある程度の自衛策が必要かもしれませんね。
習熟が求められる基礎テクニックがかなり多く、やや敷居が高い面が見られます(ステップ、慣性ジャンプ、降りテクなど)が、これらは一緒にプレイする仲間と共にやっていけばその内覚えていけると思われます。

まとめ

前作「フルブースト」までの機体を全部+新機体をたくさん詰め込んで、かつオンライン対戦も実現しているというかなり欲張りなゲームで、これ1本あれば当分は遊べることでしょう。
ゲームセンターでも好評で、かつ全国大会が開催されていることからその人気もうかがえます。

さらに製品版では「LANバトル」の実装により、「ローカル通信で4人対戦】が出来るという夢のモードも実現します。
とはいえ、4台のPlayStation4と4台のモニターなど、必要なものが多いので揃える事は大変ですが、それが可能になれば極めて快適な対戦環境で思う存分対戦を堪能する事ができます。
オンライン先行体験会については発売までの毎週土日にそれぞれ出来るので、興味のある人はプレイしてみることをおすすめします。
なお、ダウンロード版を予約することで各回+24時間無料で追加でプレイする事が出来るので、ダウンロード版を購入予定の方はお早めに。

パッケージ版については初回特典でアーケード版「エクストリームバーサス2」で使用可能な「バナパスポートカード」が手に入るうえに、エクストリームバーサス2で使用可能な「アストレイゴールドフレーム天ミナ」と、シリーズ10周年記念の特別なゲージデザインが手に入ります。

現在はマキシブーストONは稼働を停止し、ゲームセンターでは続編のエクストリームバーサス2が稼働していたうえに1年半近くも家庭用を待っていたという事になりますが、それだけ家庭用待ちの人口が多かったともいえます。
まだ製品版の発売まで期間もそれなりにあり、まだ数回程お試しでプレイするチャンスはありますので、少しでも興味がある、気になるということであれば是非ともプレイをオススメします。

広告⑧ 広告⑨
RSS