RSS1
PC広告⑦

プラチナゲームズが誇るちょっとセクシーなクライマックスアクションゲーム。2009年にPS3/Xbox 360で発売されました。ちなみに私はsteam版をプレイしました。
本作は記憶を失った魔女、ベヨネッタが主人公です。
ゲーム開始時からムービーが流れるのですが、とんでもない格好をしたお姉さんたちがカメラ目線でポーズを取りながら戦っているんですよね。私は正直ここで笑ってしまいました(笑) もちろんアクションシーンに関しては本当に作り込んでいて見入ってしまうのですが、真面目に変なポーズをしているので笑ってしまうんですよ。
実際にキャラクターを動かしてみると『デビルメイクライ』のようなスタイリッシュな動きをしながら敵を倒していくので最後まで飽きませんでした!

そんな『ベヨネッタ』の魅力をもっと細かく紹介していこうと思います。

最初からクライマックス

1周目で選べる難易度はsteam版だと「VERY EASY・EASY・NORMAL」となっています。
私は最初NORMALでプレイしたのですが、序盤から結構死んでしまいました(笑)意外と難しくて、特に、ボス戦が1章なのに滅茶苦茶な攻撃をしてくるんですよ。

しかし、ダークソウルのような死にゲーという感じではなく、ちょっと難しいアクションゲームという範囲に収まっていると感じました。
敵が使っている武器を拾うことが出来るので、序盤のまだ手持ち武器が少ない頃から様々な攻撃モーションを見ることが出来ます。また、「空中での回避」など一部のアクション技はゲーム内通貨で購入していくのですが、最初から使用できる技がとにかく豊富なんです。

適当にパンチとキックを繋げていくだけでもコンボが決まるので初心者に優しいですし、出したい技がキレイに決まったときなんか最高に気持ちよかったですね。

気持ちのいいアクション

いい意味でバカゲーを感じることのできる要因です。
とある攻撃方法で、ぐるぐる回りながら足についている銃で攻撃するモーションがあるのですが、その攻撃が終わるたびに毎回カメラ目線でウインクするんですよ。さらに、ボス戦のトドメでは服がはだけて、髪の毛を触媒に魔界から魔獣を召喚。ベヨネッタの服は髪の毛で構成されており、これがほどけるため裸になるんですね。裸になっているのですが決めポーズはしっかり取っているので、とてもシュールというか一周回ってカッコイイです(笑)

通常の攻撃方法の他に「トーチャーアタック」といった拷問技があります。例えば、ギロチンを出したり、アイアンメイデンに敵を突っ込んだり...様々なお仕置きアクションを見せてくれるんです。
この技は魔力ゲージが一定量溜まっていないと発動できないので、連発で出すことは出来ないんですね。魔力ゲージは敵を攻撃するなどで溜まっていくのですが、そこで「ウィッチタイム」が役立ちます。ウィッチタイムとは、タイミングよく敵の攻撃をかわすと一定時間発動し、敵全体の動きがスローになるボーナスタイムのことです。これをうまく利用して魔力ゲージを溜めてお仕置きアクションを繰り出すわけです。ゲームを進めていくと、バイクでハイウェイを疾走するステージもあり、慣れると楽しいです。

ちなみに、アクションが苦手な初心者の方にもきちんと配慮されています。難易度「VERY EASY・EASY」ではオートマチック機能というボタン一つだけで様々なアクションを出せる機能が搭載されているんです。結構勝手に動くので自分自身で操作している感覚が味わえず、やっていて面白くないと感じてしまうかもしれませんが、こういう救済措置が用意されているのは嬉しいですよね。

ベヨネッタが美しい

本作の魅力はこれに尽きます。
ベヨネッタというキャラクターは既に有名なので、ゲームをプレイしていない方でも知っている人は多いですよね。要所で流れる『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』に乗せて華麗に立ち回る姿なんかは、もうほんとスタイリッシュで美しいです。ゲームを遊ばずにビジュアルだけを先行して見てしまうと、あまりにインパクトが強過ぎてちょっと引いてしまう気持ちも分かりますが(笑)ゲーム本編ではお茶目なところも見せる可愛さもあり、何より強くてカッコイイです。女性が主人公のゲームは多いですが、ベヨネッタのようなタイプは他になかなかいない気がします。

おわりに

本作はチャプターの切り替え時などに発生するロード時間中は技の練習が出来るんですね。数多くの技が用意されているため、技の練習ができるのは有難いです。技を発動するとコマンドが出てくるので、いろんな技を覚えることが出来ます。
ちなみに、steam版だとこのロード時間がほとんど無くて驚きました(笑)

ゲーム自体もかなり面白く、とにかくベヨネッタというキャラクターの魅力がこれでもかと詰まっています。ゲームをクリアするとベヨネッタが好きな人にはたまらない「おまけ」が出現するのも良いですね。それが何なのか気になる方は。ぜひ遊んでみてください!

広告⑧ 広告⑨
RSS