RSS1
PC広告⑦


本作はニンテンドー3DS用ソフトとして2014年8月にインティ・クリエイツよりダウンロード専用ソフトとして配信されました。
インティ・クリエイツはカプコンより販売されている「ロックマン・ゼロ」「ロックマンゼクス」シリーズなどを手掛けており、さらには「ロックマン」シリーズの開発者である稲船敬二氏とのタッグが実現したアクションゲームとなっております。
ロックマンゼロシリーズの特徴の一つであるスピーディーな操作性と、敵を同時撃破するなどのコンボ、SF系ライトノベル調の世界観がこのゲームの特徴となっております。

蒼き雷霆ガンヴォルトのおすすめポイント

主人公「ガンヴォルト」の特殊能力「雷撃鱗」と、所持している銃を使った攻撃でサクサク敵を倒すことが出来、上手く使えば複数の敵を同時に雷撃で撃破出来、慣れてくる頃には爽快感バツグンのアクションゲームを楽しむことが出来ます。
アクションの苦手な人のための措置なのか、雷撃鱗を使用していない状態でダメージを受けると「カゲロウ」という防御システムが発動し、エネルギーを消費する代わりにダメージとのけぞりを無効化します(無論デメリットもあります)
これにより初見プレイの人やアクションが苦手なプレイヤーへ、初心者の救済になっており、カプコンの「ロックマン」のような所謂「死んで覚えろ」が苦手な人でもゲームを楽しめる設計になっています。
アクションゲームにありがちな「残機」システムが存在しないため、何度やられてもステージの最初からやり直させられることが無いのでストレスがたまりづらいです。(とはいえ、ボスもなかなかの強敵なので何度もやられるとストレスはたまります)
ステージ中またはボスとの戦闘中に主人公がやられると、一定確率で本作の登場人物の「モルフォ」が歌を歌い主人公を復活+超パワーアップしてくれる事があります。パワーアップ中はほぼ無敵と言っていいほど凶悪な能力になっているので、発動さえ出来ればほぼクリアは楽になります。(こちらもやはりデメリットはあります)
ゲームに慣れてきたプレイヤーなどには「スコア」やステージをクリアした際の「ランク」の存在があり、高ランククリアやスコアアタックに挑戦することでさらなる高みを目指す事も出来ます。

蒼き雷霆ガンヴォルトの残念ポイント

初心者に配慮しているとはいえ、初見殺しとなるギミックやボスの必殺技も多々あり、それにストレスを感じてしまう人も多々いるようです。
とはいえ、モルフォによる復活が可能ではあるため、さほど問題にはなりません(一部ステージでは初見殺しの罠のせいでファンの中では復活の際の歌の発動=溺死のテーマとも言われているようですが)
ゲーム中にキャラクターの台詞が画面に表示されますが、初見では気にならないもののタイムアタックや高ランククリアをする上で邪魔になってくる事があります(一応ON/OFFは可能)

まとめ

ロックマンゼロシリーズを開発した面々が作ったゲームだからか、ロックマンシリーズが好きな人ならばプレイして損はほぼ無いといっていい出来のゲームで、2D横スクロールアクションが好きな人にもおすすめしても問題が無いレベルです。
値段も2000円(3DS版とSteam版のみ、Switch版とPS4版は2作収録のためか4500~5000円程)と、フルプライスのゲームレベルのボリュームの代物になっています。
現在は3DS版(単品のダウンロード版と、続編の「ガンヴォルト爪」を収録した「ストライカーパック」)、Steam(こちらは爪は出ていない)、ストライカーパックをSwitchとPS4に移植されたものがあります。
本作の発売後には本編のボスが主役となるドラマCD、サウンドトラックCD以外にもモルフォの歌を収録したアルバムも出ており、凄まじい人気が伺えます。
さらにモルフォのライブが2015年より何度か行われており、そこで新曲の発表およびゲームへのダウンロードコンテンツおよびアップデートなど、「発売したらそこで終わり」ではない開発の熱意が受け取れます。

Switch版とPS4版はグラフィックがHD化、フレームレートも60fps(3DS版は30fps)、画面レイアウトの一新などしており、初めてガンヴォルトシリーズを買うのにも最適になっております。
値段をとにかく抑えるなら3DS版とSteam版、続編の爪や、2020年時点での最新作「白き鋼鉄のX(イクス)」がSwitch、PS4で発売しているため、そちらも考慮するならSwitch、PS4で買うと良いかもしれません。

余談ですが、本作のキャラを担当していた声優さんは担当キャラと本作を熱すぎるくらい愛しているうえに、オープニングステージにしか登場していないモブキャラ(キャラが濃すぎて一度見たら忘れられないレベル)が前述のライブに出てきてとあるファンサービスをしていたりしていました。
ほかにも、本作の主人公ガンヴォルトは同じインティ・クリエイツの作品「マイティガンヴォルト」や「マイティガンヴォルトバースト」でも出演しており、更には「Blade Strangers」という対戦格闘ゲームにもゲスト出演を果たしております。

広告⑧ 広告⑨
RSS